通夜で準備する物は?

何事にも準備を欠かしてはいけません。
急な通夜だとしても、何も準備をすることなく始めてしまうと、足りないものが多くて思うように通夜が行われないことになります。
気持ち良く故人を送りだすためにも、通夜の準備に手を抜かないようにしてください。

 

通夜の準備に必要なこと

 

@受付の人との打ち合わせ
受付の人とは、香典帳や現金の管理の方法や整理する方法を予め打ち合わせておきましょう。
大きなお金が絡むことなので、後のトラブルにならないためにも、ここはしっかり話し合っておいてください。

 

A供物や供花を確認する
供物は何を置くのか、供花を祭壇に並べるとしたら、どんな風に並べるのかなどを決めておきましょう。
供花は置き方が決まっており、目立つ場所になるほど上位ということになりますので、頂いた人にとって失礼にならないような置き方を心がけてください。

 

B進行の打ち合わせ
焼香のタイミングや作法、通夜はどんな流れで行うかなど、一つ一つ打ち合わせていきましょう。
経験がなくてあまりわからない場合は、葬儀社の担当者からスムーズに進行できるためのコツを確認しておいてください。

 

C席を確認する
どこが来賓席なのか、遺族席なのかは事前に決めておき、参列者が来てもすぐに席案内ができるように準備をしておく必要があります。
念のため、2回、3回は確認しておいてください。

 

D僧侶に挨拶をする
僧侶への挨拶は僧侶が到着した時に行います。
来る時間帯としては、開式が行われる30分前くらいなので、挨拶をする人はそれくらいの時間帯になったら、すぐにでも挨拶に迎えるように時間を空けておきましょう。
通夜の進行については、葬儀社が行います。

 

E返礼品や香典返しの物品を確認する
返礼品や香典返しの物品は、ちゃんと用意できているのかのチェックをしたり、どうやって渡しておくのかなどをおさらいしておきましょう。
これを分からずにやってしまうと、無意識の内に相手にとって失礼なことをしていることがあります。

 

F会葬礼状の確認をする
会葬礼状は誤字脱字、表現方法は当たっているのかなどを確認しておく必要があります。
内容に誤字や脱字、表現方法が間違っているまま礼状を出してしまうと、後で恥をかくことになります。

 

 

通夜が行われる前には、このように確認しておくことが多いので、忘れずにやっておきましょう。
仮に、葬儀社の担当している人が用意をした物や、一緒に考えた礼状でも間違えていることがありますので、任せっきりにしないで、必ず確認作業も行ってください。