豊島区にて急な葬儀で動揺

昨年、同居していた親戚が突然死して、葬儀を行いましたが、初めて自分で依頼した葬儀だったので、とても大変でした。

 

まずは、本人の会社や友人などに連絡する必要がありましたが、普段、交流が無いので全く連絡先が分からず、携帯なども暗証番号でロックされていたので、どうにもできませんでした。

 

仕方ないので後回しにして、まずは親戚一同に連絡、次に警察など関係機関、葬儀の手配などとめまぐるしく、人が死ぬとこんなに大変なんだと痛感しました。

 

葬儀場も、どこに頼んでいいかわからず、電話帳などで調べてみましたが、費用も多額で、こういうときのために、やはり何か事前に、システムに加入しておくべきだな?と考えさせられる機会でもありました。

 

また、親戚は生命保険にも全く加入しておらず(受け取り人がいないため?)財産も全くなかったので、葬儀費用をだれが出すかという事でも、身内でもめごとになり大変悲しい思いをしました。

 

本人の両親はすでに他界しており、兄弟も居ませんでした。

 

親戚一同で協議しましたが、皆が疎遠だったので、費用負担を嫌がりました。仕方ないので、私が全額払いましたが、私も裕福でなかったので最小限の費用で済むように、あまりまともな葬儀を行う事ができませんでした。

 

本人にとても申し訳なく感じながらも、親戚一同に対しての怒りがこみ上げて、何とも言えない後味の悪い葬儀でした。

 

葬儀の後の、お墓の問題もまたもめごとになり、今まで先祖が入っているお墓には入れてあげられない事になり、結局、新規でお墓も建てる事になってしまい、私には、高級車が買えるほどの借金が出来てしまいました。

 

人間、自分が死んだときの事も考えて準備しておかなければ、大変な迷惑をかけてしまうのだなと、考えさせられた葬儀でした。