北海道ススキノへいきなりの呼び出し!!!

現在東京に住んでいます。旦那のひいおじいちゃんが99歳の大往生の末亡くなり、旦那の母から亡くなった夜電話があり「北海道まで1歳の子供を連れて3人で来るのは大変だから今回は密葬だし、親戚も来ないからあんた達も来なくていいよ。」と言われました。

 

しかし次の朝「やっぱり遺産の問題があって親戚も来るから来なさい!」と言われ旦那は急いで会社に連絡して休みを貰い、私は急いで子供を連れて空港へ行き、その場で飛行機のチケットをとりました。無事北海道に着いたのは夕方過ぎの夜に近く、ご遺体も親戚も密葬が出来るススキノの会場に到着していました。

 

着いた時にはお通夜をしていて旦那は黒っぽいスーツで参列しましたが、いきなりの呼び出しだったので私は喪服も用意出来ずに黒っぽい普段着、子供も同じ様な格好でお通夜に参列しました。

 

そのまま夜は会場に泊まり、次の朝に葬儀と告別式を行いました。
告別式の最中は子供も飽きて愚図ってしまい終始立ちっぱなしでした。
お別れ、出棺をして札幌のススキノの会場から車で40分位かかる手稲まで行き火葬しました
葬儀の費用は密葬だった為安く大体15,6万前後と旦那の母から伺いました。

 

葬儀社をそこに決めた理由は、家から1番近く、おじいちゃんが入院していた病院からの進められたからの様です。

 

葬儀で1番大変だったのは亡くなったひいおじいちゃんの妻のひいおばあちゃんは98と高齢で旦那の母も病弱な為、2人して葬儀中に倒れないか親戚一同気を使っていました。

 

葬儀で起きたトラブルは親戚がご遺体をカメラで連射で撮っていました。
後日ですが密葬だった為知らされなかった、おじいちゃんの知り合いがお別れをしたかったと何人か言ってきたそうです。