段取りが決められている地方の葬儀

地方の農村部で、亡くなった年配の男性の葬儀が執り行われました。

 

地方でも葬儀には葬儀社を利用しますが、親族から亡くなった知らせを受けると、近隣住民が終結し、日程と段取りを決め、いっせいに準備に取り掛かります。亡くなった一報を親族から受けた地域のまとめ役は、その日の内に葬儀社の手配、寺院への連絡、日程の決定、地域住民への周知、役割の分担を行います。

 

枕経は、ご遺体を自宅へ移した後、その日の内にお坊さんを招いて執り行います。すでにその時、弔問者へ出すお酒、軽食、菓子の類が用意されています。この時葬儀までの日程が張り出され、要約した書類が、近隣住民全てに渡されます。

 

通夜は、ほとんど葬儀と変わらない規模で行われます。以前は自宅で行っていましたが、最近は場所と人手の確保が難しいことから、民間の斎場を借りて行うことが多くなりました。通夜は一人のお坊さんで済ますのが通例です。お経の後、参列者が線香をあげ、式は終えます。その後すぐに場所を変えて通夜振舞が出されます。この時、出席者は故人を偲ぶのは二の次で、葬儀の段取りの打合せをします。

 

火葬は、葬儀と同日の、葬儀の前の時間帯に行います。この時も近隣住民が火葬場へ集まり、お坊さんのお経の後、全員が焼香し、遺体を火葬炉に入れ扉を閉めて、親戚以外の出席者は一旦退散します。親戚一同は、待合室で菓子など食べながら待ちます。

 

火葬が済んだら親戚全員でハシを使い骨を骨壷に収めます。終了したら、喪主が遺影を持ち先頭になって行列を作り、迎えのマイクロバスに乗り、葬儀の行われる斎場へ向かいます。

 

葬儀は、ほぼ通夜の出席者と同じ顔ぶれが集まります。葬儀の前に出席者全員が手分けして供物を一つずつ持ち、斎場内を一周します。葬儀のお坊さんは二人に増え、読経が始まります。通夜の時よりも少し長いお経が唱えられます。最後に参列者が焼香し、式を終えます。

 

葬儀の後引き続いて法事を行います。法事は四十九日までの分をまとめて行います。お坊さんの読経の後、参列者が焼香を行い、その後お坊さんの法話が始まります。亡くなった故人に対して遺族がどのような心持でいればよいのかが、わかりやすく、愛情を込めて話されます。

 

法事の膳は、喪主から参列者への提供物として出され、室を変えて斎場内に用意され、事前に招待された人々がありがたく膳を囲みます。お坊さんは途中で退席します。1時間ほどで宴は終了し、招待客は、なるべく手をつけずに残した料理を、家で待っている家族のために持ち帰り用パックに詰め、喪主と挨拶を交わしてお開きとなります。
喪主が出費する費用は百万円程、参列者は葬儀に一万円、法事の膳に一万円を供するのが、この地区の慣例です。

 

すべてが慣例により決められた段取りに従って一連の葬儀が進められるのが、地方の農村部の葬式ですが、最近は人手不足と亡くなる方の増加により、一部を省略させる傾向にあります。