葬儀社の選び方を教えて

人が亡くなったら悲しくて、すぐに「葬儀の準備をしなければ!」と思う人は少ないです。
だからと言って、葬儀社を適当に決めてしまったり、慌てて決めてしまうと後悔してしまうことになります。
中には、病院指定の葬儀社にそのまま依頼してしまう人もいますが、故人のために行う葬儀を簡単に決めてしまうのはお勧めできません。

 

葬儀社の選び方

 

@相談に乗ってくれる
本当に良い葬儀社は、利用する人の気持ちを考え、相談に乗ってくれるもの。
どんな風に葬儀を行いたいのか、どれくらいの費用を考えているのかなど、遺族の希望する葬儀にできるだけ近いかたちで葬儀ができるように努力してくれます。
葬儀社の都合でどんどん葬儀の仕方をどんどん決めてしまうようであれば、違う葬儀社に依頼したほうが良いです。

 

A対応が丁寧
やはり、どんな対応をしてくれるのかはよく見ておくべきポイントの一つです。
話を聞く時の態度や、説明をしている時の態度などを見てみると、本当に誠意を持って接客しているのかが分かるでしょう。

 

Bサービスや費用の説明をしてくれる
サービスや費用の説明は、必要不可欠なのですが、流し読みのような感じで説明をしてくる葬儀社はあまり質が良いとは言えないでしょう。
こちらが分かりやすく、細かくサービスの内容の説明をしてくれたり、何にどれくらいの費用がかかっているのかを説明してくれるのでしたら、信頼しても良いでしょう。
また、分からないことを質問した時に、分かりやすく説明してくれるかどうかもチェックしておきましょう。
イライラしたような態度を出してきたり、適当に説明を終わらせようとしている場合は、すぐに諦めても良いでしょう。

 

C担当者の人柄が良い
葬儀社が良いと分かっていても、担当者の人柄が良くないと、話がスムーズに行かなかったり、トラブルの元になってしまうことも…。
逆に、葬儀社自体の評判があまり良くなかったとしても、担当者の人柄が良ければ気持ち良く故人を送り出すことができるでしょう。
相談をする時には、担当者がどんな人柄をしているのか、チェックしてみてください。

 

D服装や身だしなみは大切にしているか
服装は人柄を表すもの。
きちっとしていて清潔にしている服装であれば、それだけでもその葬儀社がどれだけ葬儀を大切に考えているのか判断できます。

 

 

葬儀社を決める時には、自分だけで決めるのではなく、親族と相談しながら故人を送り出す上で一番良い葬儀社を探すことが大切です。