葬儀の種類【自然葬】

自然葬というのは、遺骨を納める場所をお墓にせず、海や山など自然の中で散骨する葬儀スタイルのことです。
お墓だと暗い感じも否めませんが、自然葬は人が元いるべき場所に骨を還すので、明るい印象を受けます。

 

自然葬の具体的な内容

 

自然葬というのは以前までは法律に違反しているとの解釈もありましたが、最近では常識の範囲内でれば認められるようになりました。
その範囲内というのは、次のようなことが挙げられます。

 

@遺骨は2mm以下に細かくして、骨だということを分からないようにする事
散骨用に1〜3万円で粉末状に砕いてくれる業者に依頼することもできます。

 

A人の迷惑にならない場所で散骨をする事
例えば海に散骨する場合、人がたくさん訪れるような海水浴場ではなくて、人の出入りが少ない広々とした海を選ぶようにしましょう。

 

自然葬の場合、船を手配して散骨してくれる業者もあります。

 

自然葬のメリット

 

・故人の意思が尊重される
自然葬の場合、故人の希望で行われることが大半でしょう。
自由でいたいとか、遺族にお墓の維持費のことで負担をかけたくない等が理由として考えられます。

 

・費用がかからない
自然葬は、お葬式を行うことはありませんし、定期的な法要もありません。
そのため、お葬式だけではなくこの先ずっとお金をかけずに供養できます。

 

自然葬は、自分が亡くなった時にどうして欲しいか考えるようになった今の時代だからこそ、増えてきた葬儀スタイルと言えるでしょう。

 

自然葬のデメリット

 

・お墓を作りたいと思っても遺骨が残っていない
遺族の気持ちが変わって、お墓を建てようとなった時に遺骨が手元にないという点に寂しさを感じてしまうことはあるのかもしれません。

 

・周囲の理解を得られにくい
一般的なお葬式のスタイルが大きく違っている自然葬に対して、周囲からは反対の声が上がるかもしれません。
とは言え、故人の強い希望であれば、真剣に考えてみてください。

 

散骨の場所について

 

法的に認められるようになった散骨ですが、上記にもあるように節度は守らなくてはいけません。
散骨できる場所の例としては、私有地や公海上、または散骨を手伝ってくれる業者が管理している土地などです。
そして散骨ができない場所の例は、他人名義の土地や散骨が禁止されている自治体、そして漁業権がある場所などです。
散骨できる場所が見つけられないという場合は、故人の希望とも照らし合わせた上で、船を手配して外洋か、私有地や業者が管理している山林で散骨することをお勧めします。