お葬式のお布施の相場は?

法事をしたら、僧侶にお布施を渡すのが一般的なのですが、どれくらいのお金を支払ったら良いのか知っていますか?
相場よりも少なくなってしまうと、印象が悪くなってしまうことがありますので、まずは相場から勉強していきましょう。

 

お布施の相場

 

お布施の相場は、地域や宗教で異なりますが、だいたいの相場としては3万円〜5万円程度となっています。
その内訳は主に3つに別れています。

 

@法要のお布施
法要のお布施とは、お経を読んだことに対するお布施のことで、その相場はだいたい3万円程度です。

 

A御膳料
御膳料は法要が終わった後に会食を行うのですが、その時お坊様が食事を辞退した場合に渡す、食事代のようなものです。
もちろん、一緒に食事をする場合には御膳料を渡す必要はありません。
御膳料の相場としては、5,000円〜10,000円程度です。
法要が終わった後に、食事を取るのか事前に確認しておきましょう。

 

Bお車代
お車代は、ここまで来てもらった時の交通費として支払う費用のことを言います。
相場としては、5,000円程度となっています。
お寺で法要を行う場合やタクシーを手配した場合には、お車代を渡す必要はありません。

 

お布施の渡し方

 

お布施を渡す時には、現金を直接入れるのではなく、白封筒に入れて渡すのが一般的です。
中央の上の部分にお布施や、お車代、御膳料などの名目を書き、その下にお布施を渡す人の名前を記入してから渡します。
初めてお布施を渡すお坊様に対しては、裏に住所や電話番号も記入しておきましょう。
文房具店やコンビニで販売している白封筒を使用すると、楽に用意できますよ。

 

白封筒に現金を入れたら、袱紗に包んで、お盆に載せてから渡します。
袱紗とは、簡単に言うと風呂敷のような物です。
袱紗の色は、祝儀の時でも不祝儀の時でも使える紫色の袱紗で、お布施を渡すと良いでしょう。

 

お布施を渡すタイミング

 

お布施を渡すタイミングとしては、お経を読み終わった頃がべスト。
お坊様に直接渡しているので、実感しにくいかもしれませんが、お布施はお坊様個人に渡すのではなく、お寺に収めるものなので、「お使い立てて申し分けないのですが」と言いながら渡してください。

 

 

お布施に相場があるとはいえ、本来はお寺に対する感謝の気持ちなので、相場よりも少なくなったとしても、きちんと相談すれば理解してもらえるでしょう。
ただ、どうしても相場を下回りたくないというのでしたら、直接相場を聞いておくと良いでしょう。