葬式の日程はどうやって決める?

葬式というと、一般的には亡くなってから翌日に通夜が行われ、その翌日に告別式という流れになります。
とはいえ、これは必ずしもこうした流れにしないといけないという訳ではありませんが、好きな日に葬式ができるという訳でもありませんので注意してください。

 

葬式の日程を決める時の注意点

 

@亡くなってから24時間経過しないと火葬できない
火葬は亡くなってから24時間経たないとできないという決まりがあります。
そのため、亡くなった翌日に通夜が行われ、その翌日に告別式となっているのです。
仮に、1日の夜の12時に亡くなったとしても、2日の12時をすぎないといけませんので、2日の8時に葬儀を行おうとしてもできません。

 

A友引は避ける
葬式をすることに望ましくないと言われているのは、友引の日です。
友引という意味は友を引いていく、つまり友引の日に葬式を行うと、友人も一緒に連れて行ってしまうという意味になってしまうのです。
これは、ただの言い伝えというだけで、本当にこの日に葬式をしたとしても、友人が亡くなる訳ではありませんが、縁起が悪いので、この日は避けたほうが良いでしょう。
実際、友引に葬式を行う人がほとんどいないため、火葬場や葬儀場は友引の日は休みにしていることが多く、その日に葬式をすること自体が難しいです。

 

B葬儀社や僧侶にも都合がある
葬儀社や僧侶にも都合があり、忙しい時期には亡くなってから葬式が行われるまでに、1週間くらいかかることもあります。
そうでない場合は2日〜3日後には葬式が行えます。
葬儀社に依頼する時には、早く連絡をしておくことをお勧めします。
特に、関東では葬式までに時間がかかることも多いと言われているため、親族が亡くなる前には予め葬儀社を決めておき、ある程度話をしておくと良いでしょう。

 

また、寺院によっては、僧侶も忙しくなることがあります。
多くの檀家を抱えているような寺院であれば、かなり多忙であることも考えられます。
法事の予定も詰まっていて、葬式は1日に2件かけ持ちをするというケースも割と多いと言われていますので、こちらもなるべく早く連絡を取っておくようにしてください。
亡くなった日の当日、夜遅い場合には翌日に予約を取っておくのが理想です。

 

 

葬式の日程を決めるためには、こうしたことを気を付けていれば問題ありません。
ですが、1と2は葬儀社に説明してもらえますし、3に関しては事前に連絡をすることを意識しておけばいいので、それほど難しく考えなくて大丈夫ですよ。