お葬式の流れは?

あまり葬式を経験したことがない人は、どんな流れで葬式が行われるのか分かりにくいもの。
だからと言って、分からないままにしてしまうと、手間取ってしまったり、スムーズに葬式が行えないことがあります。
スムーズに葬式を行うためにも、葬式の流れを覚えておきましょう。

 

葬儀を行う時の流れ

 

@ご逝去
親族が亡くなったら、葬式を行うための準備を始めなければなりません。
大切な人が亡くなった悲しみで、動きたくない気持ちになるのはわかりますが、葬式は大切なことなので、なるべく早く行動を起こすように努力してください。

 

A葬儀社を選ぶ
葬儀社と言っても1つではありません。
その中から、安い費用で葬儀が行える会社であったり、充実したサービスを提供している葬儀社など、どんな葬式にしたいのかによって、葬儀社を選んでください。
この時、後先のことを考えず葬儀社を選んでしまうと、思っていたような葬儀が行えなくて、後悔することもあります。
大切な人を送り出す大切なことなので、簡単に決めるのではなく、色々比べてみて葬儀社を選んでみてください。

 

B搬送・安置する
葬儀社に依頼すると、御遺体を搬送し、搬送先で安置します。
自宅での安置が可能であれば、自宅に搬送しますが、それが難しい場合には、葬儀社の霊安施設で安置することができます。

 

C打ち合わせをする
葬儀はどのように行うのか、葬儀社と打ち合わせをします。
打ち合わせでは、喪主を決める葬儀の日程や斎場、火葬場を決める・参列者人数を決めるなど、様々なことを具体的に決めていきます。
葬儀にあまり詳しくなくても、担当者と一緒に決められますので、分からないことは遠慮なく質問しながら話を進めてください。

 

D納棺
身内の人に集まってもらい、故人を棺に納めます。
納棺する前に、希望があれば化粧や湯かんを行ったり、着替えを済ませます。

 

Eお通夜
お通夜では、僧侶にお経を読んでもらい、遺族や親族に焼香をします。
通夜が終わったら、翌日の打ち合わせが行われ、精進落としの料理の数・告別式で拝読する弔電・明日のスケジュールを決めます。

 

F葬儀・告別式
最後に、葬儀・告別式が行われます。
もう一度焼香をして、最後に花入れの儀式をします。
葬儀・告別式が行われたら、出棺され、火葬場へと移動になります。

 

G納骨
火葬場で御遺骨を骨壺に収めて、式場に戻ります。

 

 

葬儀の時の流れは、基本的にこのようになっています。
ただ、葬儀社や選んだプラン、宗教などによって、順番ややり方が変わってしまうことがありますので、念のため親族に確認しておくと良いでしょう。