お葬式の香典返しのマナーとは?

香典を頂いた場合、そのお礼として香典返しをしておくようにしましょう。
香典返しを忘れてしまうと、香典を渡した人に失礼になります。
ここでは、香典に関するマナーをまとめていますので、参考にしてみてください。

 

香典返しに送る物

 

香典返しをする時、何を送ったら良いのか分からないという人もいるでしょう。
香典返しの時には、香典の半額〜3分の1程度の物を贈るのがマナーだとされています。
具体的には、香典が3,000円〜10,000円なので、だいたい1,500円〜5,000円の間になります。
品物は、故人を思い出さないようにするために、消耗品や実用品が無難だと言われています。
一般的に選ばれている物は、石鹸や洗剤、コーヒーや菓子折りなどです。
最近では、カタログから好きな物を選んで、もらった人の好きな品物を受け取れる形式の香典返しが良いとされています。

 

香典返しをする時期

香典返しをする時期は、宗教によっても異なりますので、よく覚えておく必要があります。
仏式は35日〜49日の法要の後、神式は30日祭〜50日祭の後、キリスト教は香典の習慣がありませんし、香典を渡したとしても返す必要ないと言われています。
どうしても香典返しを渡したいという場合は、葬式から1ヵ月以内に贈ります。
宗教によって香典返しに対する考え方も変わってきますので、相手に失礼がないようにするためにも、確認してから香典返しを贈りましょう。
ただ、最近では葬式や通夜の前に香典返しをするために、当日にそのまま返す方法を採用している人が増えています。

 

香典返しののし紙や表書きのかけ方

 

香典返しは、ただ物を渡すだけという訳ではありません。
必ずのし紙をかけて、ちょっとした挨拶を添えたり、誰から送ったのかを記しておきます。
やり方は、宗教によっても異なります。

 

仏式は、のし紙の水引には黒白の結び切りが使われて、表書きを「志」「忌明志」と記しますが、関西では黄白の水引をかけて表書きを「満中陰志」と記すところもあります。
神式は、白黒か双銀の結び切りの水引をかけて、表書きを「志」「偲草」「しのび草」のどちらかを記します。
キリスト教式は基本的には、香典返しを必要としていませんが、贈る時には水引をせずに「召天記念」「感謝」「志」などと記します。
このように、細かい違いがありますのですが、ちょっとしたミスが相手に不快な思いをさせてしまう恐れがありますので、絶対に間違えないように注意してください。