戒名について

以前は、仏道修行に入った出家者だけに対して故人に戒名が贈られていたのですが、最近では儀式を受けるか一定の講習に参加した人も戒名を授けてもらうことができるようになりました。
人によっては、戒名は故人に贈られる名前だと思われていますが、戒律守って弟子になった証拠として付けられるのが、本来の意味です。
長々と書かれているのが戒名だと思われがちなのですが、上から院号、道号、戒名、位号 性称・尊性なので、真ん中部分の2文字が戒名です。

 

戒名以外に関するアレコレ

 

@院号・院殿号
院号・院殿号とは、社会的に貢献してきた人や生前に寺を建てるほど、寺院に尽くしてきた人に与えられます。
戒名料として多くのお金を用意したとしても、実際に生前にやってきたことが認められないと、院号・院殿号を付けられることはありません。

 

A道号
道号は戒名の上に付けられる名前です。
上というと分かりにくいかもしれませんが、号とか字のようなものです。

 

B位号
位号は道号とは逆で、戒名の下に付けられます。
性別や年齢などで何を付けられるのか変わります。
位号を以下にまとめました。

 

・5歳以下の女の子:幼女・嬰女・孩女など
・5歳以下の男の子:幼児・嬰児・孩児など
・15歳以下の女の子:童女・大童女・禅童女など
・15歳以下の男の子:童子・大童子・禅童子など
・成人女子:清大姉・大姉・大禅定尼・禅定尼・清信女(善女)・信女(清浄女)など
・成人男性:大居士・居士・大禅定門・禅定門・清信士(善士)・信士(清浄土)など

 

C宗派によって特徴が違う
宗派によって戒名の付け方に特徴があります。
知らない人は特に希望がないかもしれませんが、何らかの希望がある場合には宗派にもこだわっておくと良いでしょう。

 

・真言宗
真言宗は位牌の上部に必ず梵字のアという文字を記します。
この意味は、全ての人が大日如来の弟子であることを示しています。

 

・浄土宗
浄土宗は生前に五重相伝という法会を受けた人にのみ与えられていた、誉号がありましたが、現在は生前に五重相伝を受けていなくても、この戒名を与えられるようになりました。

 

・浄土真宗本願寺派・真宗大谷派
浄土真宗本願寺派・真宗大谷派では、釈号を付けてもらうことができます。

 

・日蓮宗
日蓮宗の日号は、本来はお寺や宗派に貢献した人にのみ与えられていたのですが、最近では社会的に貢献した人にも与えられるようになりました。

 

 

初めて見る人にとっては、どんな意味があるのかよく分かりにくいと思います。
そんな時は、無理して自分で勉強をするのではなく、お坊様に直接戒名のことを詳しく聞いてみると良いでしょう。
もし、戒名を付ける意味が分からないとか、故人が望んでいないのであれば、無理に付けることはありません。